和建設計事務所ホーム会社情報サービス案内採用情報
実績案内

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ

河川部門(その他河川関連施設)

H15 年~H22 年(至近2 年程度は青文字表記
件 名 工 期 概 要
〔魚道、落差工、伏越し、船着場、その他施設〕
〔魚道〕
S 川魚道詳細設計 H20. 3~H20. 3 既設砂防ダムに魚道を設置する。
図面修正及び数量計算
M 堰魚道修正設計業務 H20. 5~H20. 8 既設堰に設けてある魚道の改築設計業務
せせらぎ魚道 L≒200m
M 堰右岸魚道予備設計業務 H21. 9~H21.10 既存の魚道では魚が遡上しないため、これを解
消するための予備設計
M 川魚道詳細設計業務 H22. 1~H22. 2 破損が目立つ床止に対し、魚道機能を持たせた
施設への改築・補修設計
〔落差工、床止、水制、渓流保全工等〕
K 川第2落差工災害復旧設計 H16.11~H16.12 落差工復旧設計
ΔH=1.35 B≒30.0m
K 地区水制工詳細設計 H17. 2~H17. 3 水制工2 基(根固めブロック乱積)詳細
仮設道路及び仮桟橋設計
A 川A 床止め擁壁配筋図
作成業務
H20. 3~H20. 3 床止工擁壁の配筋図作成業務4 基
O 水路河口落差工
予備設計業務委託
H21. 1~H21. 4 位置:8.0km から河口地点
規模:幅員B=280m 落差高H=2.5m
H20K 床固群修正設計 H21.10~H21.10 用地境界変更に伴う修正設計
K 川床固工修正設計 H21.12~H22. 3 基準変更による床固工2基の変更設計
S 川渓流保全工詳細設計 H22. 2~H22. 3 床固工改築1 箇所,支川処理工2 箇所の詳細設計
〔伏越し、サイフォン〕
F 川伏越工検討業務 H19. 9~H19. 9 0k400 付近国道1 号線横断部の伏せ越し工一般
図作成及び概算工事費算出
N 牧場伏越し工設計業務 H19.11~H19.11 伏せ越し工の構造計算
M 川伏越工詳細設計 H21. 3~H21. 5 伏越工詳細設計 L2 検討
B1.0×H1.0×L58m
F サイフォン修正設計 H21. 9~H21.10 基礎形式の変更及びこれに伴う部材の変更
道路計画によりサイフォン継足し修正設計
〔船着場〕
T 川船着場施設設計業務 H16. 5~H16. 8 T 川船着場 矢板護岸形式
延長 L≒200m 2 基
E 川船着場修正設計業務 H20. 6~H20. 7 船着場の位置変更と諸元変更の伴う修正設計
業務 船着場1 基
臨海船着場詳細設計 H21. 1~H21. 5 鋼管矢板タイロッド形式船着場詳細設計
L=110m
T 川下流船着場詳細設計 H21. 9~H21.11 船着場5 箇所の設計
(T,H,N,K,N)
K 浦U 地区他船着場詳細設計 H22. 1~H22. 5 矢板形式(自立又はタイロッド)
20.0m×10.0m 程度+スロープ及び坂路
〔水路〕
H 地区用水路設計 H16. 1~H16. 3 1.0×1.0 フリューム延長70m の設計
2号水路配筋図作成 H19. 9~H19. 9 取り付けBOX配筋図 構造図 作成
流末排水路詳細設計業務 H20. 1~H20. 3 既設流末排水路の改修計画 L≒650m
O 水門堤外水路修正設計業務 H20. 8~H20. 8 既設水門の堤外水路既設計済みの修正設計
L≒100m
S 川付替水路詳細設計 H21. 5~H21. 6 付替水路詳細設計に関する図面作成、数量計
算、構造検討
R 水路実施設計 H21. 4~H21. 8 ブロック積み護岸 両岸L=440m
橋梁(BOX形式)2 箇所 吐口工2 箇所
O 川堤脚水路等詳細設計 H21.12~H22. 8 堤脚水路等の詳細設計
〔その他施設等〕
J発電所放水路浸透対策検討 H16.12~H17. 1 浸透量算出と仮設ポンプ諸元決定
D 川沈砂池詳細設計 H17. 8~H17. 9 河道内沈砂池(L=60m)の詳細設計
KN 川KK N ダム周辺構造物修正設計
堤防法線検討業務
H19. 6~H19.11 N ダム下流の水衝部護岸の修正設計 延長
L=500m
K 川施工計画検討業務 H19. 8~H19. 9 K 川河川改修に伴う計画で部分発注区間の施工
計画業務
S 川排水機場燃料貯留槽設計 H19. 8~H19. 9 既設排水機場ポンプ増設に伴う燃料貯留槽の増強(地
下貯留槽)のための詳細設計。
燃料容量 35KL 1 基
N 注水工及び送水路等
設計検討
H19. 9~H20. 1 送水路路線計画L≒4.6km N 注水工概略設計
流入水路概略設計L≒1.0km
Y 川導水施設操作盤基礎設計 H20. 2~H20. 2 Y 川導水施設二又箇所遠方監視操作盤基礎の設
計業務 直接基礎 B=1.7m L=4.5m
K 地区排水修正設計業務 H20.10~H20.10 簡易土留工を立て込み簡易土留工に修正
4 工区 約200m 程度
N 港自立矢板検討 H21. 9~H21.10 N 港の自立矢板(鋼管矢板)計算
K 水位観測所補強設計業務 H21.10~H21.11 既設水位観測所の補強対策設計(5 箇所,低水
護岸も含む)
S 川坂路等修正設計 H21.12~H22. 3 K 管内環境整備業務で実施した坂路等の一部修
正設計
O 沢ボックスカルバート
詳細設計
H21.12~H22. 1 B=6.2m,H=2.5,L=17.0m(8.5m2 スパン)の本体及
びウイングの配筋図作成
H22G 放水路
設備保守管理検討業務
H22. 4~H22. 5 既設立坑内の排水ポンプ設置するための架台
の設計 1 基
S 川燃料貯留槽移設計画設計 H22. 5~H22. 7 燃料貯留槽の改築詳細設計
オイルタンク2 基
N 川堤脚道路修正設計 H22. 5~H22. 7 N 川の堤脚道路の縦断計画見直しによる修正設
計 延長L=約100m

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ