和建設計事務所ホーム会社情報サービス案内採用情報
実績案内

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ

河川部門(堰、頭首工関連)

H15 年~H22 年(至近2 年程度は青文字表記
件 名 工 期 概 要
〔堰、頭首工関連〕
〔堰〕
T 堰概略設計 H15. 9~H15.10 起伏ゲート付2 段ゲート B=25.0m
ゴム引布製起伏堰 B≒28.0m
一般図,概算工事費算出
T 堰詳細設計 H15.12~H16. 2 取水堰 取付護岸
ゴム引布製起伏ゲート H=3.95m B=9.0m
SR ゲート(調節ゲート) H=1.8m B=6.0m
Y 取水堰概略設計 H17. 1~H17. 2 取水堰改築概略設計
ラバー堰 B=7.0(底幅) 勾配1:1.0
I 堰改築詳細設計 H17. 5~H17. 7 取水堰改築詳細設計
ゴム引布製起伏堰 B=19.0m H=1.25m
N 堰予備設計 H17.11~H18. 3 ゴム引布製起伏堰1基予備設計
T 取水堰改築検討 H18. 2~H18. 3 取水堰改築に伴う取水方法,堰位置,構造形式
の比較検討
N 堰詳細設計 H18. 7~H20. 4 ゴム引布製起伏堰 B=23.6m H=1.9m
SR 堰B=5.0m H=1.5m
S 堰旧取水樋管撤去調査設計 H20. 4~H20.12 既設取水堰の撤去と取水樋管詳細設計
U 川取水施設予備設計 H20. 5~H20. 7 ラバーダム1 基,取水樋管2 基,揚水機場2 基,
パイプライン3 ルートの予備設計
N 川取水堰予備設計業務 H20.11~H21. 2 ラバー堰,河床幅14.5m,勾配1:2,堰高2.0m,
取水樋管及び揚水機場
N 川取水堰予備設計 H21. 2~H21. 4 取水堰予備設計
基本事項から概算工事費まで
S 堰予備設計 H21. 6~H21. 8 取水堰予備設計
ラバーゲート H=2.3m B=12.0m 2 門
Y 取水堰詳細設計 H21. 6~H21. 8 ラバーゲート詳細設計
H=2.0m B=10.0m
U 川取水施設詳細設計 H20.12~H21. 8 ラバー堰1 基,取水樋管2 基,取水樋管
1 基 以上の詳細設計
N 川取水堰詳細設計業務 H21. 7~H21.12 ゲート形式:ラバーゲート,H=2.5m,B=14.5m
勾配1:2 施設範囲:堰本体のみ
O 分水路可動堰部施設設計 H21. 7~H21.10 築堤設計 L≒800m
N 川取水堰詳細設計 H21. 9~H21.12 鋼製転倒ゲート(トルクヒンジ式)
H=3.0m B=7.2m 1 門
S 堰詳細設計業務 H21.12~H22. 3 取水堰詳細設計 ラバーゲート
H=2.3m B=12.0m 1門
N 堰仮桟橋の設計 H21.12~H22. 2 暫定施設として仮桟橋で工事用道路横断部を
計画するものである。
川取水堰詳細設計 H22. 1~H22. 3 取水堰 ラバーorSR タイプ B=28m,H=1.8m
取水樋門,柔構造,導水路φ600,80m
Y 川A 堰詳細設計 H22. 4~H22. 5 Y 川A 堰の改築詳細設計
SR 転倒堰 B=20m×2 径間
N 川河道計画検討業務 H22. 4~H22. 6 500m 区間の河道予備設計と取水堰改修検討
O 堰修正設計 H22. 6~H22. 7 取水堰の修正設計
転倒ゲート、径間長17.5m、扉高1.1m
〔頭首工関連〕
K 頭首工基本設計
図面作成他業務
H21. 8~H21.11 N 川改修に伴う既設K 頭首工の改築基本設計
Y 川頭首工詳細設計 H21.11~H22. 2 鋼製転倒ゲートH=1.0m B=10.0m 1 門
及び取水樋管

● 河川部門

河川計画、河道予備設計等堤防、護岸設計調整池、調節池、貯留浸透施設、遊水池、ため池樋門、樋管設計水門設計揚排水機場設計堰・頭首工設計環境整備、水環境改善施設設計防災・水防施設、危機管理その他河川関連施設設計管理基図作成、データ整理等

● 砂防部門

砂防堰堤、土石流対策計画設計地滑り、法面対策計画設計

● 都市部門

開発設計擁壁、その他都市構造物設計

道路部門

下水道部門

その他土木設計部門

近年の業務実施実績の概要はコチラ